人事部門で採用担当を務める聴覚障害者が、豊富な転職経験から学んだ情報を発信していきます。

むじなの障害者転職記

障害者の就職・転職

就職・転職活動は時の運なので、考え込まないようにしましょう

投稿日:

障害当事者であり、採用担当でもあるむじなです。

就職・転職活動の成功率を高めるための手段は、いろいろあります。

履歴書・職務経歴書の「人事受けする書き方」を学ぶとか、転職エージェントを使ってマッチする(希望に合う)企業を選別するとか、面接対策を考えておくとか。

特に転職エージェントを利用して選考に臨めば、企業と応募者の需給が一致している確率が高まるため、通過率は高まります。

障害者の履歴書の書き方【採用担当者が本音で語る】
障害者の職務経歴書の書き方【採用担当者が本音で語る】
障害者がおすすめする転職エージェント【利用した6社から厳選】
障害者の採用面接で聞かれることは? 頻出質問まとめ

しかし、就職・転職活動は相手がいることなので、当然「全ての企業に合格する」「応募した企業がすべて望み通りの会社だった」ということはあり得ません。

運が悪いと、能力も気力(やる気)も合格点なのに、「タイミングが悪かった」「良い人だけど・・・」と不合格が続くこともあります。

 

能力でも気力でもなく、運次第です

応募した企業の選考に、落ちてしまった。そんな時は、もちろん「何が原因だろう」と考えて、改善していくことは必要です。

しかし、就職・転職活動で(すぐに)成果が出るかどうかなんて、運による要素が一番大きいです。

特に障害者採用担当者は、雇用した方に「出来るだけ長く働いてもらいたい」と思っていますので、自社のカラー(価値観・風土)とマッチしているかを重視します。

そこが合致していないと、長く働くことは難しいですからね。

しかし、そこに優劣はなく、合うか合わないかだけです。

もちろん、ネット上で情報収集したり、転職エージェントから印象を聞いたりして確度を上げることはできますが、最終的には運です。

それなのに、特に自分が成功している人は、それがさも能力・気力だけで勝ち取ったかのように“勘違い”して、「成功しないのは能力・気力が足りないからだ」と言ってきます。

そんな「自分の運の良さ」を自覚していない、勘違いちゃんの意見に、耳を傾ける必要はありません。自分を責めることはありません。

先の投稿(障害者の私が、(今のところ)仕事で成功できた理由)で、「とにかく行動すること!」と書いていますが、疲れたら休み休みでも良いんです。

自分のペースで取り組んで、諦めず、運が向くのを待ちましょう。

おすすめ記事

握手 1

目次1 書いている人について2 転職エージェントとは3 メリット1:マッチする企業に出会い、選考を有利に進められる4 メリット2:何でも相談できる「伴走者」を得る安心感、精神的負担の軽減5 注意点1: ...

「仕事のバリアフリーマップ」トップ画像 2

目次1 仕事のバリアフリーマップとは2 特徴1:「仕事のバリアフリーマップ」は障害者しか利用できません。3 特徴2:「仕事のバリアフリーマップ」は完全無料。ただし、利用するためにはクチコミ1件以上の投 ...

ランスタッド日本橋オフィス 3

目次1 ランスタッドの特徴・利用して良かった点1.1 1.なぜ転職したいのか、どんな風に働きたいのかを丁寧にヒアリング、本気でこちらを思った提案をしてくれる1.2 2.全国に拠点があり、地方の優良企業 ...

dodaチャレンジから紹介された15件の求人票 4

目次1 dodaチャレンジの特徴・利用して良かった点1.1 1.聴覚障害者+発達障害者という厳しい条件の応募者(私)でも、多数の案件を紹介してもらえる1.2 2.担当者が二人体制。アドバイザーの層が厚 ...

atGP 5

目次1 アットジーピーの特徴・利用して良かった点1.1 業界最大手ならではの、圧倒的な求人数1.2 面接対策が非常に充実している1.3 採用面接後のフィードバックが役立つ1.4 おまけ:地方在住の障害 ...

-障害者の就職・転職

Copyright© むじなの障害者転職記 , 2019 All Rights Reserved.