人事部門で採用担当を務める聴覚障害者が、豊富な転職経験から学んだ情報を発信していきます。

むじなの障害者転職記

障害者の就職・転職

障害者が就職・転職のために知っておくべきこと ①学歴

投稿日:2017年8月12日 更新日:

障害者の就職や転職については、よく次のように揶揄されることが多い。

「障害者は楽に就職(転職)できていいよなーwww」

障害当事者としては非常に腹立たしい思いもありますが、ある意味ではこれは事実です。

もちろん、誰がどのようなやり方で就職(転職)活動をしても楽々合格!というほど甘くはありません、当然ですが。

しかし、一定の方法論を心得ることを前提とすれば、障害者就労には

健常者と比較して、一流と呼ばれる企業に就職するためのハードルがものすごく低い

という特徴があります。

本稿から数回に亘って、「障害者が就職・転職のために知っておくべきこと」をお話していきたいと思います。

 

学歴フィルターの存在

学歴フィルターとは、企業が就職希望者の採用(選考通過)・不採用を判断する際、一定以上の大学に在籍しているか(卒業しているか)を基準にすることです。「一定以上」の定義は企業によって様々ですけどね。

一流と呼ばれる企業が採用活動を行う際には、多かれ少なかれ「学歴フィルター」が存在しています。

私は現在東証一部上場企業で採用担当を務めていますが、新卒採用はもちろんのこと、中途採用においても、面接選考に進むには一定以上の学歴が必要です(面接の段階に進めば、そこまで影響はありませんが)。

エントリーの段階で、学歴が一定の水準に満たない応募者は、問答無用で足切りです。

これは、名の知れた企業であればあるほど就職(転職)希望者が多いため、短時間で判断可能な項目で振り分けせざるを得ないという事情があるから。

 

障害者の就職・転職にも学歴フィルターはあるの?

しかし、障害者の選考に関しては、そもそも応募の絶対数が健常者に比べて桁違いに少ないため、学歴以外の項目でも応募者を判断する余裕があるのです。

一定以上の規模の企業は、障害者の雇用義務が課されているため、「働ける障害者」の雇用に必死です。そのため、貴重な候補者を「たかだか学歴」で不採用にはできません。

実際、私もこれまで学歴だけで応募者を不採用にしたことはないです。障害者の法定雇用率が上昇を続けている昨今、そのような余裕のある企業はほとんどないでしょう。

 

まとめ

障害者の就職・転職において学歴は重要ではない。

「大した大学出てないから・・・」「高卒だから・・・」と諦める必要はまったくありません。

まずは就職・転職に向けて一歩目を踏み出す勇気を持つことが大切です。

次回は、職歴・スキルについて「障害者が就職・転職のために知っておくべきこと」をお話ししたいと思います。

おすすめ記事

障害者のための求人情報 1

目次1 なんといっても競争率が低い!およそ20分の12 大手企業も含め、優良求人が豊富3 地方の求人も豊富!4 求人公開は11月27日までの期間限定!登録方法・限定求人の探し方5 リクナビNEXTの登 ...

握手 2

目次1 書いている人について2 転職エージェントとは3 メリット1:マッチする企業に出会い、選考を有利に進められる4 メリット2:何でも相談できる「伴走者」を得る安心感、精神的負担の軽減5 注意点1: ...

ランスタッド日本橋オフィス 3

目次1 ランスタッドの特徴・利用して良かった点1.1 1.なぜ転職したいのか、どんな風に働きたいのかを丁寧にヒアリング、本気でこちらを思った提案をしてくれる1.2 2.全国に拠点があり、地方の優良企業 ...

atGP 4

目次1 アットジーピーの特徴・利用して良かった点1.1 業界最大手ならではの、圧倒的な求人数1.2 面接対策が非常に充実している1.3 採用面接後のフィードバックが役立つ1.4 おまけ:地方在住の障害 ...

ラルゴ 5

目次1 ラルゴ高田馬場の特徴・利用して良かった点1.1 1.自分の希望通りの企業を見つけてくれる、企業の内情に詳しい1.2 2.なぜその企業で自分の希望が叶うのか、丁寧に説明してくれる1.3 3.メー ...

-障害者の就職・転職

Copyright© むじなの障害者転職記 , 2018 All Rights Reserved.