人事部門で採用担当を務める聴覚障害者が、豊富な転職経験から学んだ情報を発信していきます。

むじなの障害者転職記

障害者の仕事の悩み

仕事が辛い障害者へ。あなたが楽しく働ける場所もどこかにある。外に目を向けてみよう

投稿日:

障害当事者であり、採用担当でもあるむじなです。

これまで5社以上の職場に勤めてきて思うことは、その職場の文化・環境は本当に千差万別であるということです。

従業員10,000人以上の大きな組織から、十数人の小規模な組織まで経験してきましたが、規模によっても違うし、規模が同程度であっても全く異なるカラーの会社もあります。

どんな態度が好まれるのか、どこまでの能力発揮が求められるのか、どの程度障害に配慮してもらえるのか……。

一昨日、過去勤めていた会社の同僚(この彼も障害者)と久しぶりに飲みに行って、とても切羽詰まった相談を受けました。同様の悩みを抱えている方は多いと思いますので、ブログでも書き残しておきます。

相談内容の詳細はここでは書きませんが、彼はとにかく人間関係が上手くいかず職場で浮いてしまい、その影響で仕事も全く捗らない、という悪循環で、すっかり参ってしまっていました。

彼は、確かに社交的な方ではありませんでしたが、話しかけると人当たりが良く、気の良いヤツで、割と何でもソツなくこなせるタイプでした。なので、職場でノケ者にされるような要因が、彼にあるとは思えない。

私も(彼ほど辛い状況ではありませんでしたが)同様の経験があるので、分かります。「仕事が上手くいくか」「人間関係が上手くいくか」は、その人の素質よりも、結局のところ職場(環境)との相性次第なんです。

仕事や人間関係が上手くいかず、頑張ってみても改善しない。そんな状況だと、「自分はなんてダメなんだ……」と自分を責めてしまう人が多い。

特に転職経験がない方は、「その職場の評価や価値観がすべて」だと思ってしまいがちです。

が、全くそんなことはありません。あなたのいる場所が、世界の全てではありません。あなたの個性が歓迎され、あなたの障害をすんなり受け入れてくれる職場が必ずあります。

「そんなんじゃどこに行っても通用しないぞ」というのはありがちな文句ですが、そのセリフを言っている人、転職経験あるんでしょうか?

私の経験上、このセリフが好きな人に限って、転職経験がありません。つまり、全く何の根拠もないんですよね。なので、気にしないでください。

「あの人との相性が悪い(けど、他の人たちとは良好)」「仕事が上手くいかず辛い(時もあるけど、この仕事は好き)」という状況であれば、そこに留まって頑張ってみるのも良いでしょう。

しかし、「会社の雰囲気が全然合わない」「仕事にやりがいを全く見いだせない上、適性もなさそう」ということであれば、さっさと逃げ出しましょう。転職活動を始めましょう。

その逃げは”悪い逃げ“ではありません。自分が楽しく働ける場所を探すことの何が悪いのでしょうか?

自分に合わない場所に居続けることの方が、時間を浪費し、心身の健康を失い、あなたの本当の能力も発揮できず、良いことないですよね。

 

 

おすすめ記事

障害者のための求人情報 1

目次1 なんといっても競争率が低い!およそ20分の12 大手企業も含め、優良求人が豊富3 地方の求人も豊富!4 求人公開は11月27日までの期間限定!登録方法・限定求人の探し方5 リクナビNEXTの登 ...

握手 2

目次1 書いている人について2 転職エージェントとは3 メリット1:マッチする企業に出会い、選考を有利に進められる4 メリット2:何でも相談できる「伴走者」を得る安心感、精神的負担の軽減5 注意点1: ...

ランスタッド日本橋オフィス 3

目次1 ランスタッドの特徴・利用して良かった点1.1 1.なぜ転職したいのか、どんな風に働きたいのかを丁寧にヒアリング、本気でこちらを思った提案をしてくれる1.2 2.全国に拠点があり、地方の優良企業 ...

atGP 4

目次1 アットジーピーの特徴・利用して良かった点1.1 業界最大手ならではの、圧倒的な求人数1.2 面接対策が非常に充実している1.3 採用面接後のフィードバックが役立つ1.4 おまけ:地方在住の障害 ...

ラルゴ 5

目次1 ラルゴ高田馬場の特徴・利用して良かった点1.1 1.自分の希望通りの企業を見つけてくれる、企業の内情に詳しい1.2 2.なぜその企業で自分の希望が叶うのか、丁寧に説明してくれる1.3 3.メー ...

-障害者の仕事の悩み

Copyright© むじなの障害者転職記 , 2018 All Rights Reserved.