人事部門で採用担当を務める聴覚障害者が、豊富な転職経験から学んだ情報を発信していきます。

むじなの障害者転職記

障害者のオピニオン

障害者は仕事で甘えてる?それ障害は関係ないよ

投稿日:2017年8月17日 更新日:

聴覚障害者のむじなです。人事部門で採用を担当してます。

数年前、とあるWEBサイトで、とある障害当事者が書いた下記のような内容の記事を見ました。結構前の話ですが、インパクトが強かったので克明に覚えています。

 

腕の不自由な人のためのキーボードあるよね。あれって企業で働くとき、企業が用意するんですよ。おかしいでしょ、なんで自分で買わないの?普通のキーボードでも仕事できるよね?

(中略 俺は障害にも負けずに頑張ったぞという話)

ビジネスマンが使いやすい手帳を自分のお金で買うのと同じでしょ。成果も出していないくせに、障害者は相手に求めるばっかりだ。

 

確かに、これまで一緒に仕事をしてきた障害者の中には、いかに手を抜いて仕事をやり過ごそうかということしか考えていない人もいました。

けど、そんな人って障害の有無なんか関係なくいますよね?

どうしてこう「健常者は」「障害者は」という視点で見てしまうんですかね。

この記事を書いた方は、障害があっても健常者と同じフィールドで働こうと高い意識を持っているのでしょう。私も同じように、「やっぱり障害者は使えない」なんて思われないように日々業務に取り組んでいますので、その思いは否定しません。

しかし、「自分が出来たんだから、お前もやれよ」なんて考えでは、いつまでたってもノーマライゼーションなんて実現できません。

障害者が効率よく仕事をするための設備や備品を、何もかも企業が用意して当たり前だなんて思ってはいません。けど、すべての健常者が、仕事の効率化のために身銭を切っていますか?健常者が仕事をするための「最低限の道具」は、会社で用意されていますよね?デスク、椅子、パソコン、電話・・・。

それと同じように、「最低限の道具」を求めるのはそんなに非難されるべきことですか?

世間が「ホワイト企業」や「ワークライフバランス」を求めるのと同様に、障害者も気持ちよく能力を発揮して仕事ができる社会を望んでいます(「楽に」ではなく)。

望んでいる方向は同じなので、力を合わせてより良い社会にしていければいいですよね。

おすすめ記事

障害者のための求人情報 1

目次1 なんといっても競争率が低い!およそ20分の12 大手企業も含め、優良求人が豊富3 地方の求人も豊富!4 求人公開は11月27日までの期間限定!登録方法・限定求人の探し方5 リクナビNEXTの登 ...

握手 2

目次1 書いている人について2 転職エージェントとは3 メリット1:マッチする企業に出会い、選考を有利に進められる4 メリット2:何でも相談できる「伴走者」を得る安心感、精神的負担の軽減5 注意点1: ...

ランスタッド日本橋オフィス 3

目次1 ランスタッドの特徴・利用して良かった点1.1 1.なぜ転職したいのか、どんな風に働きたいのかを丁寧にヒアリング、本気でこちらを思った提案をしてくれる1.2 2.全国に拠点があり、地方の優良企業 ...

atGP 4

目次1 アットジーピーの特徴・利用して良かった点1.1 業界最大手ならではの、圧倒的な求人数1.2 面接対策が非常に充実している1.3 採用面接後のフィードバックが役立つ1.4 おまけ:地方在住の障害 ...

ラルゴ 5

目次1 ラルゴ高田馬場の特徴・利用して良かった点1.1 1.自分の希望通りの企業を見つけてくれる、企業の内情に詳しい1.2 2.なぜその企業で自分の希望が叶うのか、丁寧に説明してくれる1.3 3.メー ...

-障害者のオピニオン

Copyright© むじなの障害者転職記 , 2018 All Rights Reserved.