人事部門で採用担当を務める聴覚障害者が、豊富な転職経験から学んだ情報を発信していきます。

むじなの障害者転職記

障害者の就職・転職

障害者が就職・転職のために知っておくべきこと ③年齢

投稿日:2017年8月14日 更新日:

障害当事者であり、採用担当でもあるむじなです。

今日も引き続き「障害者が就職・転職のために知っておくべきこと」をお話ししていきます。

①はこちらから。

 

年齢制限はあるのか?

就職・転職において、年齢は大きな指標の一つです。「転職 年齢制限」と検索すると、「35歳上限説は誤り!」「実は転職成功者のうち40歳以上の割合が○割以上!」等たくさんの記事が出てきます。・・・が、

そんなに甘くはありません。

人事(採用担当)がどれだけ応募者の「人となり」を見てくれる人であったとしても、採用はあくまでも「こういう人がほしい」という様々な部署からの要請で行われるものなのです。新卒採用とは違って。

採用担当が応募者をチェックする中で、「お、この人はうちの会社に合いそうだ!」と思える人材を見つけて、配属予定部署の責任者にプッシュしたとしますよね。

しかし、その応募者の年齢が40歳を超えているだけで、「こっちが求めてるのは25歳から35歳で、○○の経験のある人なんだよね」と突っぱねられるのです。

募集をかけている部署は、「今欠けている人材」「今後育てていきたい人材」を求めているので、当然と言えば当然なのですが。その辺上手くコミュニケーションとって進めるのも私の仕事ではあるのです!・・・が、なかなか人も組織もすぐには変わりません。

このように、中途採用では人事部門の採用担当よりも、配属予定(人がほしい)部署の意向が色濃く反映されるのです。

 

障害者の就職・転職における年齢制限は?

一方、障害者採用は人事が主導権を持っていることがほとんど。もちろん事前に各部署の要望はヒアリングしていますし、面接にも同席してもらいます。

しかし、障害者採用はあくまでも「現在の人員にプラスアルファで配置する」ことが多いのです。どれだけ「当社は健常者と障害者の仕事を区別しません」と求人票に書かれていても、概ねそのスタンスは変わらないでしょう。

そのため、配属予定の部署の意向よりも人事の押し出しで選考を進めやすく、年齢や職歴だけにとらわれない採用が可能になるのです!

 

まとめ

年齢を理由に就職・転職をあきらめるのはもったいない

実際、私が過去在籍していた会社では、50代で未経験の方が正社員で採用されたこともありました。

とはいえ、配属予定部署を納得させるだけの材料が必要なことは確か。これまで私は

学歴、職歴・スキル、年齢は重視されない!

ということをお伝えしてきました。

それでは、障害者の就職・転職において、押さえておくべきポイントは何か?

次稿で詳しくお話ししたいと思います。こちらからどうぞ。

おすすめ記事

握手 1

目次1 書いている人について2 転職エージェントとは3 メリット1:マッチする企業に出会い、選考を有利に進められる4 メリット2:何でも相談できる「伴走者」を得る安心感、精神的負担の軽減5 注意点1: ...

「仕事のバリアフリーマップ」トップ画像 2

目次1 仕事のバリアフリーマップとは2 特徴1:「仕事のバリアフリーマップ」は障害者しか利用できません。3 特徴2:「仕事のバリアフリーマップ」は完全無料。ただし、利用するためにはクチコミ1件以上の投 ...

ランスタッド日本橋オフィス 3

目次1 ランスタッドの特徴・利用して良かった点1.1 1.なぜ転職したいのか、どんな風に働きたいのかを丁寧にヒアリング、本気でこちらを思った提案をしてくれる1.2 2.全国に拠点があり、地方の優良企業 ...

dodaチャレンジから紹介された15件の求人票 4

目次1 dodaチャレンジの特徴・利用して良かった点1.1 1.聴覚障害者+発達障害者という厳しい条件の応募者(私)でも、多数の案件を紹介してもらえる1.2 2.担当者が二人体制。アドバイザーの層が厚 ...

atGP 5

目次1 アットジーピーの特徴・利用して良かった点1.1 業界最大手ならではの、圧倒的な求人数1.2 面接対策が非常に充実している1.3 採用面接後のフィードバックが役立つ1.4 おまけ:地方在住の障害 ...

-障害者の就職・転職

Copyright© むじなの障害者転職記 , 2019 All Rights Reserved.