人事部門で採用担当を務める聴覚障害者が、豊富な転職経験から学んだ情報を発信していきます。

むじなの障害者転職記

障害者の就職・転職

障害者が就職・転職を成功させるためのポイント

投稿日:2017年8月15日 更新日:

障害当事者であり、採用担当でもあるむじなです。

これまで、「障害者が就職・転職のために知っておくべきこと」として、「学歴」「職歴・スキル」「年齢」は重要ではないというお話をしてきました。

では、障害者が就職・転職を成功させるためのポイントは何なのか、本稿でお伝えしていきたいと思います。

 

対人能力(コミュニケーション)は備わってるか

「言われなくてもわかってるよ!」という声が聞こえてきますが、これは必須条件です。

よほど特殊な業務を除いて、会社に雇われて組織に属する限り、コミュニケーションを必要としない仕事はありません

とはいえ、就職・転職の場面においては、面接という短い時間で、最低限の対人能力を見せればよいだけなので、難しいことはありません。

  • 無理やり別人のように振る舞う必要はないが、最低限明るく努める(表情・声)
  • ハキハキと受け答えする(語尾まで言い切る。分からないことは分からないと言える)
  • 論理的に話せる(発言内容を補足する自分なりの理由付けができる)

上記3点を意識するだけで、面接突破に必要な最低限の「対人能力」は演出できます。少なくとも私が面接官として採用選考を行う際は、応募者がこれだけ出来ていれば、対人能力には問題なしと判断します。

 

障害特性上、業務に支障がないか

上記の対人能力はクリアしておくべき最低条件ですが、障害者の就職・転職における最大のポイントは、つまるところ「障害特性上、業務に支障がないか」という点に集約できるでしょう。

これも対人能力と同様、当たり前の話ではありますが、企業に「この人なら大丈夫だろう」と思ってもらうためには、障害を受容できているかが重要です。

  • 自分の障害について正しく把握しているか
  • 仕事をする上でどのようなハンデがあるのか
  • そのハンデをカバーするためにどのような工夫をしているか(するつもりか)
  • 会社がどのような配慮をすればパフォーマンスを発揮できるか

ひとくちで「障害者」といっても千差万別であることはもちろんですが、例え同じ「聴覚障害者」であっても、「出来ること」「出来ないこと」「必要な配慮」は人によって異なります。

この特性を把握できない限り、企業はあなたを採用できません。

書類選考や面接をしていると、よく「特別な配慮は必要ありません」「以前は~でしたが、今は問題ありません」と書いてある(話す)人がいますが、これは逆に採用側を不安にさせるだけです。

きちんと自分の障害を受け止め、正しく人に伝えられるようになりましょう。

 

転職エージェントは活用した方がよいのか

障害の有無にかかわらず、就職・転職を目指している人は、エージェントに登録すべきだと私は考えています。無料ですしね。

ただし、障害者に関しては、転職エージェントの活用は必須レベルだと思っています。

なぜなら、健常者と違い、障害者は「障害特性上、業務に支障がない」と証明しなければならないからです。

面接選考まで進むことが出来れば、直接企業に障害について伝える機会が得られるでしょうが、問題は書類選考の段階にあります。

障害についてエントリーシートや履歴書など、紙面でそれを伝えることはかなり難しいことです。

実際私が転職エージェントを利用せず、ハローワークや転職サイトのみで転職活動を行っていた時は、数十社応募して、書類選考突破がゼロでした。

「もう転職なんて無理なんじゃないか・・・」と絶望した覚えがあります。

しかし、転職エージェントを利用してからは、応募した企業の8割以上で面接選考に進むことが出来たのです。

上述の通り、書類だけで障害の特性を伝え、企業での受け入れイメージを持ってもらうことはかなり難しいことです。その点、転職エージェントを利用すれば、エージェントに直接詳細を伝えることが出来ます。

そして、その情報をもとに受け入れ可能な(正確には、可能性のある)企業をピックアップして提示してもらえるため、面接選考に進むことのできる可能性、そして採用を勝ち取れる可能性が飛躍的にアップするのです。

 

まとめ

  • 面接で対人能力に問題がないことを見せよう
  • 障害を受容し正しく伝えることで、その企業で働けるというイメージを持ってもらおう
  • まずは書類選考の通過率を上げるために、転職エージェントを活用しよう

本稿では、障害者が就職・転職するためのポイントをざっくりと解説してきました。

面接選考の突破法、転職エージェントの上手な活用法など、まだまだお伝えしたいことはたくさんありますが、詳しくはまた別の機会にお話ししたいと思います。

おすすめ記事

障害者のための求人情報 1

目次1 なんといっても競争率が低い!およそ20分の12 大手企業も含め、優良求人が豊富3 地方の求人も豊富!4 求人公開は11月27日までの期間限定!登録方法・限定求人の探し方5 リクナビNEXTの登 ...

握手 2

目次1 書いている人について2 転職エージェントとは3 メリット1:マッチする企業に出会い、選考を有利に進められる4 メリット2:何でも相談できる「伴走者」を得る安心感、精神的負担の軽減5 注意点1: ...

ランスタッド日本橋オフィス 3

目次1 ランスタッドの特徴・利用して良かった点1.1 1.なぜ転職したいのか、どんな風に働きたいのかを丁寧にヒアリング、本気でこちらを思った提案をしてくれる1.2 2.全国に拠点があり、地方の優良企業 ...

atGP 4

目次1 アットジーピーの特徴・利用して良かった点1.1 業界最大手ならではの、圧倒的な求人数1.2 面接対策が非常に充実している1.3 採用面接後のフィードバックが役立つ1.4 おまけ:地方在住の障害 ...

ラルゴ 5

目次1 ラルゴ高田馬場の特徴・利用して良かった点1.1 1.自分の希望通りの企業を見つけてくれる、企業の内情に詳しい1.2 2.なぜその企業で自分の希望が叶うのか、丁寧に説明してくれる1.3 3.メー ...

-障害者の就職・転職

Copyright© むじなの障害者転職記 , 2018 All Rights Reserved.