人事部門で採用担当を務める聴覚障害者が、豊富な転職経験から学んだ情報を発信していきます。

むじなの障害者転職記

障害者の就職・転職

サーナ就職フェスタ-就職合同企業面談会に参加しました【体験談】

投稿日:2019年8月25日 更新日:

聴覚障害+発達障害者、元人事マンのむじなです。

前職を退職してから早半年、実はもうこれからの進路はある程度決まっているのですが、いろんな可能性を探ってみるために、サーナの合同面接会に参加してきました。

「採用する側」としてであれば1年前くらいに参加しましたが、「応募する側」としては実に4年ぶりくらいの参加です。「合同面接会は、転職活動の優先順位としては低いかな」と思っていたのですが、案外良かったので体験談としてまとめておきます。

合同面接会について過去まとめた記事はこちら

 

サーナ就職フェスタの概要

サーナ就職フェスタは、障害者向けの合同企業面談会です。

会場にたくさんの企業がブースを出展して、書類応募なしで直接人事の採用担当者と面談の機会が得られる就職・転職活動のための場です。

私が参加した「2019年8月24日 東京開催」の面談会では、計17社の企業が参加していました。

ただし、「新卒向け」「中途向け」「新卒・中途どちらも」と企業によって募集対象が異なるため、すべての企業に応募できるわけではない点は注意。

障がい者のための合同企業面談会【サ~ナ就職フェスタ】

参加するためには事前に参加登録して、招待状を持参する必要があります。

※郵送の場合は開催1週間前までに登録が必要。WEBからダウンロード→印刷する場合は前日の登録でもOK

 

【今後の開催スケジュール】

東京:9月21日(土)、10月26日(土)、11月23日(土)
大阪:9月14日(土)、11月9日(土)
名古屋:9月7日(土)

 

当日は「人事からのアドバイス」のパネルディスカッション(完全に「初めて就職・転職活動する方向け」という内容でした)などのイベントの他、キャリアカウンセリング・就職相談コーナーのブースも出展しています。

企業情報が閲覧できるタブレットが一人一台貸与されるため、重たいパンフレットを何冊も持ち歩かなくて良いので楽ちんでした。

タブレット

 

当日の流れ

サーナ就職フェスタ受付

私が参加した東京会場では、

11時45分~参加企業のうち3社が登壇するパネルディスカッション

12時15分~出展する17社の人事担当者から一言メッセージ

13時~面談会開始

という流れだったのですが、パネルディスカッション、一言メッセージでは大したことは言わないので面談会からの参加で問題ないと思います。

 

感想1.志望動機が不要なのは大変ありがたい。→じゃあどんなこと聞かれる?

合同面談会では、採用担当者との面談の中で志望動機を聞かれない、その企業について知識ゼロで問題ないため、気軽に会社(人事)の雰囲気を確認できるのが大きなメリットですね。

志望動機って一番考えるのが面倒な部分じゃないですか?それが不要なのは本当にありがたい。

面談の中で聞かれたことは、

  1. 障害についての概要(時期・症状・通院の有無など)
  2. 障害について配慮が必要なこと
  3. 職務経歴(どんな仕事をしていたか、退職理由)
  4. 自分の強みと弱み

のみです。「強味と弱み」は1社だけですが聞かれましたので、考えておいた方が良いかも。選考が進めばどこかのタイミングでほぼ確実に聞かれますしね。

 

感想2.書類選考なしで直接人事にアピールできるのはやっぱりメリット。合同面接会では相対的に良く見えるかも?

書類ではじかれない(絶対に人事と面談できる)ため、書類で落とされることが多い人にはおすすめです。

加えて、これ言うと怒られそうですが合同面接会では書類でフィルタリングしていないため、「この人は多分選考進めないだろうな」と言う人が結構参加しています。

(条件面ばっかりしつこく聞いていたり、その企業の事業に批判的なことを言っていたり、人事の話を聞かずに一方的に自分の話をまくしたてていたり、身だしなみが酷かったり、覚えてきたことを延々と朗読する再生機みたいになっていたり……etc)

なので、これホント言い方悪いですが、ちゃんとしてれば「相対的に良く見える可能性が高い」です。

企業もお金を払って出展しているので、できれば何人かは面接に進めたいものです。

なので、相対的に良ければ「本来足切りライン以下」だったとしても次の選考に進める可能性もあります(まぁ、現実的には(私が障害者採用担当をやっていた時は)「候補なし」で終わるということもままあったのですが……)。

「実力が足りないのに次に進んでも結局は次で落とされるのでは?」と思われるかもしれませんが、結局相性によるところも大きいので、次の面接官次第では合格まで進める可能性も出てきます。

「書類選考にどうしても通らない、会ってもらえさえすれば分かってもらえるはずなのに……」と言う方には合同面談会はうってつけです。

 

感想3.待ち時間が長いのはデメリット。面談できるのは6社くらいが限界?

タイミングが良ければ待ち時間なしで面談できる企業もありましたが、基本的にはどのブースも少なくとも2~3人待ち、知名度のある企業は6人以上待っていることもありました(多分1時間待ちくらい)。

私は合間に大分休憩をはさみつつ4社回りましたが、限界まで詰めても6社くらいが限界でしょうか。手当たり次第空いているところから、ならもう少し回れそうですが。

 

※私が参加したのが昨日のことなので、まだ次の選考に進めるかは分かりませんが、参考として今後「合同面接会からどれだけ次の選考に進めたか」は追記したいと思います。

 

2019年9月10日追記:4社中3社で次の選考に進めました

面接を受けた4社中、3社で次の選考に進むことができました、勝率75%ですね。

【通過連絡1】

面接通過連絡1

【通過連絡2】

面接通過連絡2

【通過連絡3】

面接通過連絡3

 

\公式HPはこちら/

おすすめ記事

握手 1

目次1 書いている人について2 転職エージェントとは3 メリット1:マッチする企業に出会い、選考を有利に進められる4 メリット2:何でも相談できる「伴走者」を得る安心感、精神的負担の軽減5 注意点1: ...

「仕事のバリアフリーマップ」トップ画像 2

目次1 仕事のバリアフリーマップとは2 特徴1:「仕事のバリアフリーマップ」は障害者しか利用できません。3 特徴2:「仕事のバリアフリーマップ」は完全無料。ただし、利用するためにはクチコミ1件以上の投 ...

ランスタッド日本橋オフィス 3

目次1 ランスタッドの特徴・利用して良かった点1.1 1.なぜ転職したいのか、どんな風に働きたいのかを丁寧にヒアリング、本気でこちらを思った提案をしてくれる1.2 2.全国に拠点があり、地方の優良企業 ...

dodaチャレンジから紹介された15件の求人票 4

目次1 dodaチャレンジの特徴・利用して良かった点1.1 1.聴覚障害者+発達障害者という厳しい条件の応募者(私)でも、多数の案件を紹介してもらえる1.2 2.担当者が二人体制。アドバイザーの層が厚 ...

atGP 5

目次1 アットジーピーの特徴・利用して良かった点1.1 業界最大手ならではの、圧倒的な求人数1.2 面接対策が非常に充実している1.3 採用面接後のフィードバックが役立つ1.4 おまけ:地方在住の障害 ...

-障害者の就職・転職

Copyright© むじなの障害者転職記 , 2019 All Rights Reserved.